電車での旅行の途中で乗り換えが必要になったときに気をつけるべきことは?

乗り換え先の電車の発車時刻に間に合うことがまず重要

電車で旅をしていると、行き先によっては途中で乗り換えが必要となるときがあります。もし、そのようなケースに遭遇したときにまず心がけたいのは、なんといっても乗り換え先の電車の発車時刻に間に合わせることです。乗り換える駅によっては、乗り遅れると次の電車が来るまで数十分待たなければならなくなり、旅行の予定変更を余儀なくされてしまいます。乗り換えのタイミングを間違えないように、発着時刻と乗り換え先の電車が停まるホームまでの道のりは事前にしっかりと確認しておきましょう。

改札を間違うとスムーズに乗り換えられない場合がある

駅によっては、一度改札を通過してから乗り換え先の電車が停まっているホームへ行かなければならないことがあります。このようなタイプの駅には乗り換え専用の改札が設けられていることが多く、これを利用すれば問題なく乗り換え先の電車まで行けます。実は、誤って通常の改札を通ってしまったとしても、近くにいる駅員に伝えれば対応してくれることが多いのですが、対処完了までに時間がかかることも少なくないので、駅構内の移動をスムーズに行うためにも極力このような事態が起こるのは回避すべきです。

なお、これは切符や回数券を使っている場合に起こりうるトラブルであり、ICカード乗車券を使用している場合はどの改札を通過しても問題なく乗り換えられます。ICカード乗車券はお金のチャージさえきちんと行っていれば、駅構内の移動がスムーズにできてとても便利なので、まだ持っていない人は旅行をするのを機に手に入れておくと良いでしょう。

バイザポートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です